トップページ車輌図鑑 > 105系車体更新車
SR旅客鉄道 EC汎用車輌

105系車体更新車

開業当初より18年運転されている105系。そろそろ、車体更新の時期がきたのではなかろうか。
それに兼ねてからの方向板盗難が減少しない現状を考慮し、SRは105系車両の車体更新を開始した。
更新箇所は主に4点。
まずは前面方向幕を設置。前の方向幕取付車と異なり、大型の電動幕となっている。
手動でないということが乗務員から歓迎されている。
次に、側面窓を2枚窓から1枚大型窓に更新。
パンタグラフも従来の菱形パンタから下枠交差型パンタに更新されている。
そして、白地に3本のブルー系の帯が走るという大胆なまでの車両塗装を変更した。
また、車両側面の「種別行灯表示機」は105系全車で
「普通・準急・快速」から「普通・区快・快速」に同時更新された。
あえて側面に方向幕を取り付けなかったのがSRらしいところでもある。
お客様に対しては案内不足に見える点は否めないが(←




「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。