トップページ車輌図鑑 > 135系
SR旅客鉄道 EC汎用車輌

135系車輌

2002(平成14)年にラッシュ時の混雑緩和を目的として製造された車輌。
従来の車輌はドア幅が1160mmだったのに対し、この車輌はドア幅1400mmと240mm広くなっている。
このため、ラッシュ時の乗降が若干スムーズになり、停車時間および所要時間の短縮につながっている。
愛称は「Wide door 135(ワイドドア・イチサンゴ)」で、主にラッシュ時に運用される。
デイタイム時間帯にも運用されるが、着席定員が100系に劣るのが難点。
先頭貫通扉は自動貫通幌併解結装置を備えている。
このVVVF車は試運転時、乗務員の好奇心(笑)から最高時速139km/hをマークした。
けど、営業時は120km/hまでに抑えている(そりゃそうだ




「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。