トップページ車輌図鑑 > 141系
SR旅客鉄道 EC汎用車輌

141系車輌

2009(平成21)年新造。実に3年ぶりぐらいの完全ニューモデル車輌、1編成だけ製造された。
斬新なまでのニューモデルは、自動車で言うところの「コンセプトカー」である。
まず特筆すべきは、運転席直後の座席。床・座面とも他の座席より15cm嵩上げし、運転席展望を楽しめるように造られている。
座席構成は、運転席側2人掛け+助手席側1人掛けの固定クロスシート。
車端部と先頭車の一部をロングシートとし、残りの座席は近鉄のL/Cカーを真似た(←
これにより、デイタイムはクロスシート、通勤時間帯はロングシートと居住性・快適性を兼ね備えている。
シートアレンジが個性的な3ドア車で、乗車位置がアテにならないのが玉に傷wだが
久々の新車登場・投入に会社側は意欲マンマンである。
ちなみに、前方展望確保のために、先頭車に方向幕をあえて装備していないのも特徴である。






「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。