トップページ車輌図鑑 > 605系
SR旅客鉄道 EC特急車輌

605系車輌

1996(平成8)年の海上空港「沖浜空港」開業に合わせて登場した空港特急「ウイング/superウイング」用車両。
こちらの605系は「指定席車両」専用で、1ドア片開きある。
お手洗いは1編成に2ヶ所(2号車の一ツ橋寄り・3号車の空港寄り)設置。
1号車(イラスト最上段)は、シートピッチの広いサルーンカー(いわゆる「グリーン車」)で、他の座席指定車よりも230円高い(一般指定:300円、サルーン指定:530円)。
座席指定という空間を堪能できるように、回転クロスシートでリクライニングも完備。
出発までに気分を害するということは、これからの旅に対する気持ちを害すること。
空港から先、これからの旅に期待を馳せるようにとSRは考えています。
空港までのひと時、SRの列車で気持ちよく、旅へのココロを高鳴らせていただきたく、この車両は走っております。






「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。