トップページ車輌図鑑(バス) > 2代目車輌
SR旅客鉄道 バス


■SR−B10型
初代を踏まえたうえで登場。
「オーソドックスにも程がある」と言われている(笑
車内もいたってシンプル、機能性を追及した結果だとか。

■SR−B11型
B10型の改良車。側面方向幕を最後部に移動させ、
ロングシート部に窓を増やし、開放感を狙っている。

■SR−B12型
B10型ノンステップ仕様車。
とりあえず、「バリアフリーというかユニバーサルデザインは
取り入れとかないとな。」との表れだとか(汗

■SR−B12型中扉車
中扉ノンステップ車。
他の車輌よりも乗車ドアが広くなっているのが特徴。
いまのところ、中央営業所に5台のみ在籍。


「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。