トップページ車輌図鑑 > キハ10型
SR旅客鉄道 DC汎用車輌

キハ10型車輌

1986(昭和61)年の開業から営業運転を続けている気動車。
電化工事が困難な区間を非電化区間として開業させるにあたって、急ピッチで製造された。
旧・国鉄の気動車をモデルに設計されたキハ10型は、オールロングシートの3扉というどこかしら懐かしい印象を与える車輌である。
方向幕は車輌正面のみで、側面にはサボ板を差し込む。この点が懐かしさを与えるのだろう。
懐かしさのほかに、「古臭い」印象も与えているとも囁かれている(笑。
基本編成は最短2両から、中間車を組み込んだ8両。
賀沼線の一部列車は環状線経由で学研都市まで乗り入れすることがあり、長編成気動車が唸るようなモーター音を発して幹線を営業運転する様は、まさに圧巻。
どこかの知事なら怒ること間違いない(爆




「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。