SR旅客鉄道・乗務員のウダウダ

「方向幕にはロマンがある!?」
話し手
●新川旭(にいかわ・あきら 27歳) 中央車掌区所属
●杉本利行(すぎもと・としゆき 27歳) 中央運転区所属

新川: そういやさぁ、うちの車両ってほとんどの車両に方向幕が付いてるよなぁ?
    他社さんはLEDを採用しているだろ?結構。
    頑なに『幕』にこだわってるよなぁ、ほんと。

杉本: お前、上に聞こえたら(※1)鉄ヶ島に飛ばされるぞ(笑

新川: あ?別に構わないよ。(※2)オレ、酒、好きだし

杉本: いや。そういう問題じゃないんだけどな・・・。
    ま、うちが『幕』にこだわる理由は3つあるんだとさ。
    まず1つは【視認性】。LEDだとどうしても昼間は見難いだろ?
    ただでさえ路線の多い会社なんだし、誤乗防止のためには何はなくとも【視認性】なわけだ。

新川: なるほどな。

杉本: で、2つめは【コスト面】。LEDは切れると交換しなきゃならないけど、1つ1つ交換するとなると大変だろ?
    人件費を抑える意味もあるし、部品費の節約・・・要はケチってるだけなんだけどな(笑

新川: あ、それは山口から聞いたよ。(※3)大町の。
    アイツも「発光ダイオード、交換するのメンドクセー!」って言ってたな。

杉本: で、最後の理由が特殊なんだけど、コレ、社長の意向らしいんだよ。

新川: 社長の意向?

杉本: あぁ。その理由が【ロマンがある】なんだとよ。

新川: 「ロマン」?なんだそれ?

杉本: だろ?でな、社長の意見をまとめた書類がここにあるから読んでみるな。
『方向幕とは列車の行先を示す案内のための幕であり、通常運用を考えたコマを入れることが相当である。だが、在ってはならないことだが、不慮の事故により運転区間を変更しなければならない事案も出てくる。そのための予備として該当区間の中間駅をいくつかピックアップし、そのコマをあらかじめ採用することを必須事項とする。また、やむを得ない車両配置変更などに柔軟に対応するべく、通常運用線区以外のコマをも含めた幕を装備することが妥当であると考える。』

新川: ・・・要はさぁ、必要以上のコマも入れろってことか?

杉本: んーーーまぁ、そうみたい(笑。
    で、何が『ロマン』かと言うと、【通常では絶対に顔を見せないコマが幕回転時に出てくるのがマニア心をくすぐる】ってことらしいんだよ。

新川: さすがは社長、伊達にマニア出身じゃないね(笑

杉本: それ、誉めてんだか、けなしてんだか(爆
    でもさ、105系にはあまり乗務したくないよな。

新川: え?あれは【側面行灯種別表示】でマニア受けがいーじゃん?
    せいぜい、看板を持ってくるだけだろ?よく盗まれるけど(笑
    そういやアレだけだよなぁ、今は「区間快速」だけど表示が「準急」になってるヤツ。

杉本: いや、そうじゃなくて方向幕車のことだよ・・・。

新川: あーーー。あれはキツイなぁ。運転席側のハンドルでクルクル回さなきゃなんないんだよなぁ。

杉本: せめて助手席側なら助かるんだけどなぁ・・・。狭いんだよ。ホント。


注釈:
※1「鉄ヶ島」:音鳴郡大惨寺町の島を走るSRグループの軌道線、鉄ヶ島島営軌道のこと。焼酎の醸造と川柳の投句で外貨を得ている。

※2「酒好きだし」:鉄ヶ島島営軌道では地元産の焼酎を楽しめる「リカートレイン」の運転を企画している。酒好きには格好の電車。でも、飲酒運転は禁止(笑

※3「大町」:SRの車両工場「エスアール工機・大町工場」のこと。工場開放(SRフェスティバル)開催日のためにホーム・自動改札・券売機も設置されており、工場らしくない面も兼ね備えている(笑


戻る


「SR旅客鉄道」は架空の都市を走る架空の鉄道路線です。
駅名の一部に実在の都市名がありますが一切関係ございません。
また、設定に現実では無理な点があってもツッコミはなしでお願いいたします(笑)。